早いうつ病の診断と周りの家族の理解が重要【完治までの一番の近道】

  1. ホーム
  2. 原因は複数ある

原因は複数ある

カウンセリング

費用は軽減できます

心の病は年々増加傾向にあります。特にうつ病患者は100万人を超える勢いで増え続けています。こじらせると治り難い病気ですが、早い段階で診断と治療を受ける事で短時間に回復させる事が期待できます。この病気になると意欲の低下や漠然とした不安感、睡眠障害等の症状がいつまでも回復せずに続きます。原因は1つに特定する事はできず、様々な要因が重なる事で発症していると言われています。原因の1つとして考えられているのが脳内神経伝達物質のバランスです。中でも人の気分を左右するセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミン等が減少すると様々な不快な症状を引き起こします。これ等の減少を抗うつ剤の使用によりくい止める事で症状を解消させる事が期待できます。そしてこの病気になりやすい性格や気質があります。循環気質や執着気質である人はストレス耐性が低下しやすいので、うつ病を患う可能性が高くなります。これ等の特徴を十分に考慮した上で薬物療法や心理療法を組み合わせながら治療を試みていきます。そして身近な人がうつ病と診断されても決して慌てず、いつもと変わらない自然体でいる事が大切です。十分な休養が得られる様な環境づくりをするのが先決です。うつ病と診断され、治療が開始されれば費用が発生します。健康保険が適用されるので3割負担で済ませられます。通常は通院での治療になり、週に1回から2回の治療で月に6000円程になります。抗うつ剤は服用して2週間から1ヶ月程で効果を実感できるので、早ければ数ヶ月で完治させる事も期待できます。しかしうつ病は診断されてから完治するまでの期間に個人差があり、人によっては数年の期間を要する場合があります。治療期間が長引きそうなら自立支援医療制度の利用や精神障害者手帳の交付の申請を考えておく事が必要です。そして性格的な問題や気質がうつ病の原因となっている可能性がある人に対しては、心理療法を受ける事で高い治療効果を得られる場合があります。中でも認知行動療法を受ければ、自動思考に焦点をあてる事で偏った考え方を改善し、ストレスの溜まり難い心理状態にする事ができます。抗うつ剤での治療に不安がある人や自分の性格について見直してみたいと考える人は積極的に心理療法を受けるのが得策です。そしてこれ等の治療を効率的に進めていく為には、医師との信頼関係が重要になります。相性の良い自分に合う医師を見つける事が必要です。